アンチエイジング常識のウソ? ホント?

アンチエイジング常識のウソ?ホント?

女性なら、いつまでも若く綺麗でいたいと思いますよね。
アンチエイジングに興味がある方は多いと思います。
もちろん私もその1人。
20代の頃、友人と話していた時、「私、化粧水しかしない。乳液持ってない」という言葉に、
「えぇ!!本当?何で乳液持ってないの?」とビックリした事があります。
友人の返事は「面倒くさいし、脂性だから要らない」でした。

化粧水は、水分補給のためです。
でも、水分だけでは、肌に浸透しません。
油膜を張って肌に水分を閉じ込める、その役割が乳液です。
自分は脂性だから乳液をつけない、というのは間違いです。
さっぱり系の乳液や、量を調節すれば良いのです。
適量や使用しているスキンケア用品が自分に合っているのか分からない方は、
美容部員さんに尋ねたり、同じ肌タイプの友人に聞いてみたり、方法はいくらでもあります。
スキンケアはアンチエイジングの基本です。
いくら化粧が上手でも素顔は見せれなくなりますよ。

年齢を重ねるにつれ、素肌美人が一番と思うようになりました。
素肌が綺麗なら化粧をしても、当然映えます。
化粧をしたまま寝たり、きちんとクレンジングや洗顔で落としてないと、
肌に化粧品の色素が沈着して、シミや肌トラブルの原因にもなってしまいます。
季節によっても肌の状態は大きく変わりますが、一番大切なのは、自分に合ったスキンケアを正しく知る事です。
スキンケアの基本、クレンジング、洗顔~化粧水、乳液までの正しい使用方法や商品知識。

アンチエイジングは自分のライフスタイルがそのまま出てくるのではないでしょうか?
自分の中では正しいと思っていても、その常識が実は間違っているかもしれません。
一度、自分のスキンケア方法を確認してみるのも良いかと思います。
素肌美人になって周りをビックリさせましょう。

 

Share
membership-ban
化粧品の通販ドクターエビーゼ

Leave a Reply