美肌になる為の食生活

野菜

肌に良い食べ物、と聞くと何を思い出すでしょうか?

コラーゲンやサラダ、野菜ジュース、果物…そのようなものでしょうか。

実は、コラーゲンを食べても美肌には繋がらないのです。

コラーゲンを増やしたいのであれば、食べ物でなく、

睡眠、ピーリング、レチノール配合化粧品、これらのどれかなのです。

では、美肌に効果のある食べ物はないのでしょうか。

そんなことはありません。大切なのはバランスなのです。

バランスの取れた食生活が大事、ということはみなさん分かっているとは思いますが、

ダイエットなどを考えると、ついついバランスが偏ってきてしまうものです。

まず必要なのはたんぱく質です。肉や魚から摂取できる栄養素ですね。

たんぱく質は肌を作る基本となりますので、

ダイエットなどによりたんぱく質をとらないでいると、

間違いなく肌は不調になります。

さらには疲れやすく、睡眠の質も下がるなど、様々な不調が出てきてしまいます。

まずはしっかりたんぱく質を摂取した上で、ビタミン類を摂ることが大切です。

たんぱく質を摂取した上で必要なビタミンは、

βカロテンを含む緑黄色野菜です。

βカロテンは抗酸化作用が高く、皮膚や粘膜を丈夫にし、

肌の炎症を抑え、老化を予防する効果があるのです。

緑黄色野菜はにんじんやほうれん草、トマトなどの濃い色の野菜です。

バランスの良い食事をした上で、美肌になるためには大切な栄養素が3つあります。

・ビタミンA

ビタミンAには強い抗酸化作用があり、前述したとおり、皮膚や粘膜を丈夫にします。

食品の中ではβカロテンとして含まれており、体内でビタミンAとなります。

この栄養素を摂取できる食品は、鶏レバー、うなぎ、ほうれん草、にんじん、

かぼちゃ、小松菜、にらなどです。

これらを毎日一度は食べましょう。

毎日が無理な方は、食べられる時に多めに食べておいても効果は期待できます。

にんじん

・ビタミンC

ビタミンCは、できてしまったしみを薄くする作用があり、

シミ予防に効果的です。また、抗酸化作用もあるため、老化防止の効果もあります。

ビタミンCを多く含む食品は、

ブロッコリー、パプリカ、キウイ、ピーマンなどです。

こちらはビタミンAのように取りだめができませんので、

毎日コンスタントに食べたい食品です。

ブロッコリー

・たんぱく質

たんぱく質は、肌を作る基本の栄養素です。

カロリーが気になるのであれば、赤みの肉や魚、卵や牛乳から

摂ることがお勧めです。

何度も言いますが、たんぱく質を摂らなければ、

いくらビタミンを摂取しても無駄になってしまいます。

バランスよく摂取するよう心がけましょう。

肉

 

 

Share
membership-ban
化粧品の通販ドクターエビーゼ

Leave a Reply