どんな野菜が肌に良いの?

8月 18th, 2014

shoku03

肌に良いと言われる成分は“ビタミン”を多く含んだものです。
ビタミンは健康な肌を維持するのに必要不可欠な存在です。
特に「ビタミンC」「ビタミンE」「ビタミンB2」が多く挙げられています。
以上3つの成分を含んだ野菜を調べてみました。

【ビタミンC】
ピーマン・パセリ・ゴーヤ・ブロッコリー・カリフラワー・かぼちゃ・キャベツ・菜の花・たまねぎ・じゃがいも・さつまいも・白菜・大根・ネギ・カブ・みず菜など
“効果”…抗酸化作用、肌の保湿、シミ・ソバカスを予防

【ビタミンE】
ピーマン・パセリ・落花生・モロヘイヤ・ブロッコリー・かぼちゃ・しそ・大根・バジル・カブ・菜の花・ニラ・ほうれん草など
“効果”…抗酸化作用、老化防止、血行促進

【ビタミンB2】
パセリ・モロヘイヤ・ブロッコリー・しそ・バジル・菜の花・クレソン・そらまめ・カブ・しゅんぎく・大根・ほうれん草など
“効果”…肌荒れ予防、脂質分解、肥満予防

「ビタミンを補佐する成分」
ビタミンA…皮膚を頑丈にして免疫力と抵抗力を上げます。(動物性タンパク質に含まれています。)
ビタミンB1…体内の糖分を分解しエネルギーに変えます。(肉類・玄米に含まれています。)
ビタミンP…ビタミンCの吸収を助けて血行促進の作用もあります。(みかん・レモンの果実に含まれています。)
まとめてみるとビタミンが如何に肌に必要なものかがわかります。
摂取するときは旬な野菜を摂ると効果が出るので、季節ごとに分けてバランスよく食するようにしましょう。

Share