チョコレートを食べると美肌になる?

7月 8th, 2014

chocorat
チョコレートを食べると肌が美しくなる、肌が荒れるなど賛否両論になっているようです。
この答えを出すならば、どちらとも正しいと言えます。
肌が美しくなる理由は、成分の一つである“カカオ”が関係しています。
カカオに含まれるポリフェノールとテオブロミンが肌に良いと言われているのです。
ポリフェノールは人体の老化を抑制し、テオブロミンは新陳代謝を改善する働きがあります。
また、ポリフェノールは脂質を分解する役割も兼ね揃えているため健康維持にも良いのです。
肌が荒れる理由は、“バターや糖分“が含まれていることが関係しています。
バターには多くの脂質が含まれており、糖分も余分な残量は体内で脂質に変わります。
ポリフェノールで分解できないほどの脂質がある場合、皮脂に影響して分泌量が多くなってしまうのです。
過剰な皮脂の分泌は、毛穴を塞ぎ炎症となってニキビができます。
つまり、脂質が多いチョコレートを食べると肌荒れの原因となるのです。
こうしたトラブルを回避するには、「ブラックチョコレート」「ビターチョコレート」「シュガーレスチョコレート」を選ぶことが必要です。
糖分・粉乳を含まないチョコレートはダイエット効果も期待できます。
しかし、過剰摂取は栄養バランスを崩してしまうので適度に摂取するのが望ましいです。
甘い物が大好きな人は余分な糖分を摂取してしまいます。
美しい肌を維持するためにも、適度な運動と規則正しい食生活を送るように心がけましょう。

Share